ダイハツ タフト クォーツガラスコーティング

ダイハツ タフト クォーツガラスコーティング

今回はガラスコーティングの施工例をご紹介します。

今回は、R2年式 ダイハツ タフトのガラスコーティング「クォーツ RD レインダンス」の作業をご紹介します。
新車で購入し1年以上経ちましたが、今後もキレイな状態を維持されたいとのことでこの度コーティングをご依頼いただきました^^

今回行う「クォーツ RD レインダンス」は、ベースコートとトップコートの2層で仕上げることにより、硬さのあるコーティング被膜を形成出来ます◎
コーティング後のお手入れもとても簡単!!!
定期的に水洗いやシャンプー洗いをすることでキレイに維持することが出来るんです(^_-)-☆
もちろん、WAXなどの作業も必要ありません♪

では、作業工程を見ていきましょう!

まずは、洗車をして不純物を除去します。

↑ベースコートを塗布します。
ボディーだけでなく、樹脂パネルやヘッドライトなどにも塗布していきます!

乾燥後、仕上げにトップコートを塗布します。
その後もう一度乾燥させて…👇

完成です(^^)/☆
写真ではわかりにくいですが、ツヤツヤピカピカになりました✨
パールホワイトの綺麗なボディが映えますね👀♪
撥水効果もあるので、そちらの仕上がりを見てみましょう…!

↑この通り!!
コーティングをすることで、雨が降っても雨水が転がり落ち
ボディの汚れも残しにくくなります!(^^)!
簡単にお手入れが出来るのは、とても嬉しいポイントですよね♪

今回は1日の作業でした。
ご納車時、お客様に撥水効果も見て頂きましたがとても喜んでくださいました。
大切なお車をキレイに乗るために、コーティングも是非ご検討下さい!
この度は、ご入庫ありがとうございました(*^-^*)

HOME > 施工例 > ボディコーティング > ダイハツ タフト クォーツガラスコーティング